【サッカー指導者必見】パフォーマンス・ピラミッドという考え方

【サッカー指導者必見】パフォーマンス・ピラミッドという考え方


パフォーマンスピラミッド



みなさん、いつもブログを閲覧して頂きありがとうございます。



近年のサッカーは様々な戦術の影響でコンパクト化され、選手はスペースも時間も無い中で90分間を通してプレーの最適解を導き続ける能力が要求されています。




”高度な技術とインテリジェンスが求められる様になった。”と言い換えられるでしょう。


それと同時に、選手は脳で描いたイメージを瞬時に身体に伝える反応速度や身体操作能力・正確なポジション取りに必要な空間認知能力・頻繁なデュエルで勝つ為の筋力、など様々なアスレティック要素が要求される様にもなりました。


つまり現代を生きるサッカー選手は技術・戦術トレーニングのみならず時間が無い中で、モビリティ・スタビリティ・コーディネーショントレーニング・身体操作トレーニング・体幹トレーニング・スプリントトレーニング・アジリティトレーニング・持久力トレーニング・筋力トレーニングなどたくさんのフィジカル的なトレーニングタスクこなさなければなりません。


この様な背景からサッカーの指導現場では、体系的で効率的なトレーニングプログラムが必要とされているでしょう。


というコトで今回は、サッカーのパフォーマンスを体系的に分析・アプローチする為の手法についてまとめました。


具体的に、以下の悩みを抱えた方に向けての記事になります。


✅”コンディションを落とした選手に対して、どの様に分析・アプローチすれば良いかわからない…”

✅”シーズンを通してパフォーマンスが不安定で原因が分からない…”

✅”ケガが多くなかなかチームの総合力が上がらない…”



私自身が海外のサッカーチームで活用している方法を提供したいと思います。


1️⃣:パフォーマンス・ピラミッドとは?

【パフォーマンス・ピラミッド】

パフォーマンス・ピラミッドは、モビリティ・スタビリティ・コーディネーション能力を底辺として、その上の中間層にアジリティ・スプリント・パワー・持久力、最終的に一番上にサッカーの専門スキルが位置しています。


このパフォーマンス・ピラミッドは、サッカー指導現場の多くの局面で活用・応用するコトができます。

例えば…

○選手個人のパフォーマンス分析。
○トレーニングメニューを組み立て。
○コンディションの評価。
○ケガの予防。



パフォーマンス・ピラミッドは、専門家やトレーナーによって様々なモノがありますが、言葉の表現が異なるだけで言いたいコトは以下の2つ。

①:底辺部分の基礎能力が高ければ高いほど、フットボールのパフォーマンスの伸び代は引き上がる。
②:アンバランスなピラミッドはパフォーマンスの低下のみならず、ケガの発生率を高める。




すなわち、このパフォーマンス・ピラミッドを効果的に活用できればケガが減り、パフォーマンスの伸び代を引き上げらる可能性が広がるるというコト。


まず初めに典型的なアンバランスなパフォーマンス・ピラミッドのパターンについて説明します。



【パターン①:パフォーマンス・ピラミッドの基礎部分が小さい】


一つの典型的なアンバランスなパフォーマンス・ピラミッドのパターンとして、モビリティ/スタビリティ/コーディネーション能力が他の層より低い場合が挙げられます。


スクワットを例に解説します。




例えば足関節のモビリティが狭い選手の場合。




スクワットのしゃがみ込みの際に足関節のモビリティが狭いとロッキングを起こし、後方重心が強制されてしまいます。




スクワットは、ストップ動作・着地動作・切り返し動作の基本トレーニングなので、この状態ではパワー発揮に重要な体幹筋群の緊張は抜けて、十分に下半身のパワーをパフォーマンスに活用できなくなってしまいます。





加えて、捻挫を始めと足関節の急性外傷の原因にもなりますし、足部の疲労骨折・膝関節の代償による膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)・腸脛靭帯炎(ランナー膝)などの膝関節周囲の慢性障害に繋がる可能性も…


【パターン②:パフォーマンス・ピラミッドの中間層が小さい】


次に多いパターンが、パワー/スピード/持久力/アジリティ能力が不足している場合。


後に詳しく説明をしますが、このパフォーマンス・ピラミッドの中間層は、デュエルが強い・スピードに乗ったら止められない・一瞬の動き出しで相手を剥がせる・90分間を通してスプリントを繰り返せる。など、サッカーのフィジカルパフォーマンスにおいて選手の個性を表現する為に必要な部分になります。


逆を言うと、パフォーマンス・ピラミッドの中間層が小さい場合、個性の無い選手になりがち。


動きに躍動感がなかったり、スピードが物足りなかったり、パワーが必要なボディコンタクトでのボールロストが多かったり、後半に存在感が消えてしまう選手。


海外指導者の視点から見て日本人選手のウィークポイントは、間違いなくパフォーマンス・ピラミッドの中間層の不足。


現在、多くの日本人選手がヨーロッパの5大リーグでプレーしていますが、チャレンジの場所を日本からヨーロッパに変えプレー面でまず初めにぶち当たる壁として外国人選手とのパワーやスピードの差が挙げられるでしょう。





特に、スプリント能力・パワーは、ヨーロッパの選手達に勝るのはかなり難しいでしょう。



が、その差に気付いて適切な努力を積み重ねるコトで日本人でも世界と渡り合えると証明した選手達もいます。



日本人は遺伝的要因により筋肉・骨格のサイズに恵まれていません。その点、育成年代からの計画的なパフォーマンス・ピラミッドの中間層のフィジカル強化は必要不可欠だと感じています。



以上、典型的なアンバランスなパフォーマンス・ピラミッドについての説明でした。




ここからは、それぞれの構成部分について詳しく説明します。


2️⃣:ピラミッドの基礎部分

アスリートが高い競技パフォーマンスを発揮する上で必要な前提条件として、パフォーマンス・ピラミッドの基底部分(スタビリティ・モビリティ・コーディネーション)が広いコトが挙げられます。




○スタビリティ

スタビリティとは、”安定性”のコトを指し。サッカーの様々なパフォーマンスで要求される能力になります。

例えば、

”コンタクトパフォーマンス”や”スピードに乗った中での方向転換動作”で軸がぶれないで安定しているコト。




○モビリティ

モビリティとは”可動性”の意味で関節がどの程度、広く動かせるのかを意味しています。



ハイボールを瞬時に足で処理しなければならない時などに必要な能力になります。

 




○コーディネーション

コーディネーション能力は、私の個人的な見解ではありますが、前述してあるスタビリティとモビリティを状況に応じて全身で協調させて使う能力だと解釈しています。



サッカーの現場でのコーディネーショントレーニングの代表格といえば、”ラダー”。



以前、ラダーについてまとめた記事は、以下からどうぞ。




3️⃣:ピラミッドの中間層

 
パフォーマンス・ピラミッドの中間層には、パワー/スピード/アジリティ/持久力が位置。

アスリートが、フィジカル的に自分を表現する上でとても重要な要素になります。

○パワー


パワーは、筋力×スピードで表せます。

デュエル時の身体のぶつかり合いやスピードにのった状態での急激なストップ動作や方向転換時の踏ん張りで必要とされます。

サッカーのプレーで、パワーを使う場面がイメージできない方は、以下のリンクを参考に‼︎

⏩⏩中田英寿 フィジカルモンスター


○スピード

サッカーにおいてスプリントは、24km /h以上での移動を指し、カウンターやフリーランニング時に必要な体力要素になります。

⏩⏩サッカーのスプリントシーンを集めた動画集はこちらから。

現代サッカーでは改めてスプリントの重要性が再認識されていて、スプリント専門コーチを雇っているチームも増えています。

以前発信したスプリント関連の記事はこちら。




○アジリティ


アジリティは、俊敏性と言い換えるコトができ”一瞬の動き出し”を指しています。

⏩⏩Real Madridのアジリティトレーニングの様子。




○持久力


一試合での走行距離や何回スプリントを繰り返せたかを指します。


4️⃣:ピラミッドの最上部


パフォーマンスピラミッドの最上部は、その競技特有のスキルや戦術が位置。



サッカーであれば、ドリブル/シュート/パス/ヘディングが当てはまります。



チーム戦術の理解度もこの層に当てはまり、サッカー選手にとって非常に重要でチームとしては勝敗を決定付けるとても重要な要素となります。

チームトレーニングの多くの時間は、パフォーマンスピラミッドの最上部の強化に当てられます。


5️⃣:まとめ


以上、今回はパフォーマンス・ピラミッドについてでした。

 
サッカーの指導現場で問題解決の糸口が見つからない際、パフォーマンス・ピラミッド活用してみてはいかがでしょうか。

 
今回の記事が現場で困っている指導者や選手の目に留まり問題解決に繋がれば幸いです。