ヨーロッパのマッサージ


みなさんいつもブログを閲覧して頂きありがとうございます。




実は、日本とヨーロッパで行われているマッサージには大きな違いがあるって知っていますか?




ヨーロッパと日本では気候も違えば、骨格も筋肉の量も違います。




当然…




日本とヨーロッパのマッサージに違いがあっても不思議ではありません。





というコトで…






今回のテーマは”日本とヨーロッパのマッサージ”について、ドイツのサッカーチームでトレーナーとして働いている経験を踏まえて書きます。




 
 

1️⃣:日本のマッサージ

 
画像2
 
 

日本のマッサージの特徴は、日本発祥の”
指圧”の影響が強く、ヨーロッパのマッサージよりも、より点で捉える印象がします。


指圧”は、筋肉のコリをしっかり点で捉えて、ゆっくり丁寧に圧を加えるアプローチ。

治療の後は凝り固まっていた筋肉がしっかりほぐれた感覚がします。


2️⃣:ヨーロッパのマッサージ

画像1

一方でヨーロッパでマッサージというと、オイルマッサージの事を指します。


ヨーロッパのマッサージの起源はフランス。スウェーデンマッサージも有名です。


3️⃣:日本とヨーロッパの違い


以下の日本とヨーロッパの違いから、異なるマッサージの方法が発展したと考えています。


気候

大陸であるヨーロッパは、島国の日本と比べてとても乾燥していて、特に冬は寒い。体温を上げ、乾燥を防ぐためにオイルが使われているのかもしれません。

 
肌質
 
ヨーロッパの人と日本人の肌質は違います。ヨーロッパの人の肌は弱く、皮脂の分泌も日本人の方が多いみたいです。つまり、マッサージの際に、皮膚を守る意味でもオイルの使用が発展したのかもしれません。
 
 

指先の器用さ

日本人は指先が器用な人種です。”箸”や”たくさんの文字を書いて覚える文化”があるからです。この文化の影響で”指圧”の様な指先の感覚を繊細に使う技術が発展したのかもしれません。


⏩【関連記事】:Vol.147 日本人の生活習慣からみる、日本人の手先の器用さ。
 
 
 
 

4️⃣:日本のマッサージの技術はヨーロッパで受け入れられるのか?

 
 





もちろん、受けての好みにもよりますが…



筋肉のコリを点で捉える日本のマッサージの技術は、ヨーロッパで受け入れられますし、私もサッカーチームで選手のケアの際に、日本の指圧を取り入れています。



ただし…



ヨーロッパの人に対して、いきなり日本の点で捉える指圧の様なマッサージをしてしまうと、ビックリされるコトがあります。逆に、日本のマッサージを受け慣れている人が、ヨーロッパのマッサージを受けると、物足りなさを感じる場合もあるので注意。



5️⃣:まとめ


どちらのマッサージの仕方が優れているのかという話ではなく。



あくまでも、方法が違うというコトで…



ヨーロッパでトレーナーとして働きたい場合は、両方ともできるとよいと思います。



私自身、ドイツのサッカーチームで働いて3シーズン目。



入口がオイルマッサージで…その後、定期的に自分の治療を受けくれている選手もたくさんいます。



日本のやり方、ヨーロッパのやり方いろいろありますが…



常に選手にベストなコンディショニングを提供したいです。



それでは。

Yuki