みなさん、いつもブログを閲覧して頂きありがとうございます。

 

私自身、ドイツに来てチームで働き出して2人の監督と仕事をしています。



現在の監督は、夏までの契約。来シーズンからWolfsbug女子の育成U–20の監督兼、育成ディレクターが決まっています。

 

 







この数ヶ月間、選手やスタッフの間ではどんな監督が来るかの話題で持ちきりでした。





女性監督なのか?


男子育成から経験のある監督を引っ張ってくるのでは?






チーム内で様々な憶測が飛び交う中、2日前に来シーズン共に闘う監督がオープンになりました。









次の監督は女性監督。




Wolfsburgでヘッドコーチを務め、リーグ優勝、カップ戦優勝、チャンピオンズリーグ出場に何回も貢献しています。




南ドイツサッカー協会でも子供から大人までたくさんの指導に関わっているとのコト。




昨シーズンは、チューリッヒで監督として働いていました。




キャリアに勢いがある若い監督と働くコトは嬉しい。




来季が楽しみ。





フライブルクはDreisamスタジアムに移転してから、来シーズンに向けて徹底した組織改革が始まっています。





今までは、1人の人間が強化とマネジメントの責任者を兼任していましたが、来季から南ドイツサッカー協会の指導者ライセンス交付の責任者を女子チームの強化責任者として招き入れます。





フルタイム契約のスタッフも増え。



チームの成長を感じ取れます。




今後、どうなるか楽しみです。




話は変わり…




今週末は、ブンデスリーグ第17節がありました。




対戦相手は、アウェーでLeverkusen。




第14節終了時点で勝ち点1差。




勝敗次第で順位が入れ替わります。




ちなみに、今回泊まったホテルは、スタジアムに併設されているホテル。



ミーティングルームからの眺めはこんな感じ。








素敵なホテルでした。






結果はというと…






3−2で劇的勝利。





スーパーゴールも決まり、ラスト1プレーでの逆転劇になりました。


 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

SC Freiburg Frauen(@sc_freiburg_frauen)がシェアした投稿




2連勝。




このまま勝ち点を積み上げ、もう一つ順位を上げられるかチャレンジし続けたいです。




それでは。