みなさん、いつもブログを閲覧して頂きありがとうございます。




昨日、ブンデスリーグ女子 2020/2021シーズンの最終節がホームでありました。




最終節の対戦相手は、今シーズン2部から昇格してきた『SV Meppen 1912 e.V.』。



対戦相手のMeppenは、ライバルチームの結果次第で、ブンデスリーグへの残留が決まる、引き分けすらも許されない状況。





結果は…



5 − 0







相手チームに頭部からの流血が出る、球際が激しい試合でしたが…






無事、完勝。







今シーズン最後の試合を、ケガ人なし、内容と結果の両方が伴った形で締めくくれました。







今シーズンを終えての順位は以下の通り。






優勝は、”Bayern München”。




上位3チームの”Bayern München”、”VfL Wolfsburg”と“TSG Hoffenheim”が来季のチャンピオンズリーグの出場権を獲得。




”SV Meppen 1912 e.V.”と“MSV Duisburg”の2部への降格が決定。




我々、SC Freiburgは、7位という結果になりました。



10人以上の選手が入れ替わる中でのシーズン開始となり、不安もありましたが、なんとかブンデスリーグに生き残るコトができました。




来シーズンは、多くの主力選手がチームに残り、期待される新戦力もたくさん獲得ができました。




これから、約1ヶ月のオフ。



心の休息と来シーズンへの準備も同時にする、充実したオフにしたいと思います。



それでは。



Yuki