みなさんいつもブログを閲覧して頂きありがとうございます。



先日、2シーズン前に一緒に働いていた仲間から連絡があり、一緒にカフェに行ってきました。



カフェとはいえ、このご時世なので、コーヒーをテイクアウトしてベンチで飲んだ程度。




彼は、出世してフライブルクSCの育成部門のトップのアスレティックトレーナーとして働いています。サッカー男子スイス代表からもオファーがある程に成長していました。




2シーズン前は、一緒に働いていて、優秀だとは、思っていましたが…




一気に駆け上がったという印象。




だいたい1時間半位、お互いの近況などを報告しあいましたが、こんな時に感じるのが自分のドイツ語能力と国際感覚。




ずいぶん長く、2人で話せたので、大分ドイツ語能力も上達したと、実感する反面…



もう、ドイツに住み始めて5年が経過…



日常や仕事の中での会話では、困ってはいませんが、ネイティブレベルは程遠い…




『どこまで、ドイツ語を勉強し続ければ良いのか?』という気持ちも湧いてきます。




国際感覚のところで言うと、ヨーロッパの人は、おしゃべりで自分を表現するコトがとても上手。日本人とのギャップをその点、物凄く感じるコトがあります。




ドイツ語能力も含めて、この点は、絶対に埋まらない”違い”があるでしょう。




もし、その点を埋めるとなると…




ドイツ人格の自分と日本人格の自分の2人を用意して、自分自身を日本とドイツで使い分けなければならないレベルだなとも、最近感じ始めています。




先日は、仲間とも再開できて良い気分転換になりました。



今シーズンも残すところ3試合、自分も爆進したいと思います。


それでは。


Yuki