みなさん
いつもブログを閲覧して頂き
ありがとうございます。








先週の紅白戦で
モニタリングをしていた時のコト。








映像分析担当のコーチと
会話をするコトができました。







その会話から学べたコトを
今回は紹介。





”あの選手、最近調子良いよね。”(自分)





『そうだね。』(コーチ)




”いろいろなポジションをこなせる様になってる。”(自分)





彼女は、総合的に良いよね。』(コーチ)





”試合メンバーに絡んでくるんじゃない?”(自分)








『彼女は総合的に良いよ。』(コーチ)







『でも、試合に出る為には、武器が必要。』(コーチ)










こんな内容の会話でした。





随分前に…







友人が
海外で活躍するサッカー選手の
インタビュー記事について
語っていたのを思い出しました。








彼が言うには…








日本人がブンデスリーグで生き残る為には
武器が必要。




更に
レベルの高い
プレミアリーグやスペインリーグで
生き残る為には
武器が2つ以上必要になる。




と書いてあったとのコト…







その様な視点を持ちながら
選手を観察すると…








日本人に限らず
ハッキリとした武器を持っている選手は
チャンスを掴めているコトが分かります。










このコトは
選手だけでなく
トレーナーにも言えるコト
だと思います。






日本人のトレーナーは
何でもそつなくこなせる。
総合力が高い傾向にあります。







私の経験では…







日本人として
総合力を武器に勝負すれば
こちらで生き残れる可能性は高いハズです。








しかし…






”ステップアップ”や”這い上がる”
といった視点では…






難しいかもしれません。







強みと言える自分の武器を
這い上がるという視点で
次のステップを意識しながら
現地で磨き続ける必要があります。








以前
似たようなことを
下記のブログでも書いています。

















それでは。







Yuki

○Twitter
https://mobile.twitter.com/YShigemu

○note
https://note.com/yuki0913