みなさん
いつもブログを閲覧して頂き
ありがとうございます。







今年も
残すところ
あと1日…







みなさんは
いかがお過ごしでしょうか?






今回は
ドイツの大晦日について
書きます。







先日のブログで
ドイツのクリスマスは
家族と一緒に過ごすのが一般的で
まるで日本のお正月のようだと
書きました。











では
ドイツの人々は
どの様な大晦日を過ごすの
でしょうか?









ドイツの大晦日を
一言で言い現すなら…






”うるさい…”







ドイツの大晦日…
特にカウントダウンは
ドイツ全土あちらこちらで花火が
打ち上げられ…






花火の様子はこんな感じ…























初めて経験した時は
圧巻でしたが…






しかし…





今となっては…








”とてもやかましい…”






各家庭から
ロケット花火が
30分以上もぶっ放されます。笑









3年前の大晦日は
ゆっくりしたい気分だったので
家で寝ようと試みましたが…








花火の音がうるさすぎて
全く眠れませんでした。笑









自分には
風情ある日本の大晦日の方が
肌に合っている様です。






それでは。




良い年越しを‼︎





Yuki

○Twitter
https://mobile.twitter.com/YShigemu

○note
https://note.com/yuki0913