みなさん
いつもブログを閲覧して頂き
ありがとうございます。


今回は
ドイツのクリスマスについて
書きたいと思います。



ドイツでクリスマスは
宗教行事にあたるので
家族と一緒に過ごすコトが
多いようです。


日本のクリスマスは
マーケティング要素が強いので…


宗教行事と言われても
ピンっと来ないない方が
多いのではないでしょうか。



イメージとしては
日本の正月に似ていて
家族と一緒に
穏やかに過ごすイメージです。



ドイツでは
12/25のクリスマスから
逆算した4週間の期間を
”アドヴェント”と
呼び…



このアドヴェントは
クリスマスに向けての
準備期間とされています。


この時期から
街はイルミネーションされ
クリスマスマーケットが
開かれ始めます。



子供のためには
”アドヴェントカレンダー”
プレゼントするコトが多いです…




アドヴェントカレンダーは
クライマックスの12/25に向けて
24個の窓がついたカレンダーのコト。


その窓を開けると
チョコレートなどの
お菓子が入っています。



今年も
知り合いに頂きました。



こんな感じです。




ドイツでクリスマスというと
一年間で
一番大切な行事とされています。




チームに所属した1年目のコトでした。



早めに
年末の日本とドイツの往復航空券を
購入しました。



不本意ですが
チームのクリスマスパーティを
欠席をするコトに…



『一年間で一番大切な行事に
欠席するとは何事だ‼︎
航空券は私が新しいのを買うから
出席するように‼︎
君はもうファミリーなんだ‼︎』



と…


チームのディレクターから大目玉を
喰らったコトもありました…




サッカーチームでも
クリスマスのイベントは
とても大切にされているようです。



みなさん
クリスマスを楽しんで下さいね。


それでは。




Yuki

○Twitter
https://mobile.twitter.com/YShigemu

○note
https://note.com/yuki0913