みなさん、いつもブログを閲覧して頂きありがとうございます。



今年の夏のオフ期間は、コロナの影響でドイツに残るコトを決断。



このオフの期間を、有効に使うコトはできないかと考え、2つの『Weiterbildung』を受ける事にしました。




というコトで…



今週末は、Köln(ケルン)へ…



講習会の内容は、”Athletiktrainer”。




2日間に渡る講習会。




テキストに書かれていた内容は、それほど新鮮なモノではなく、自分の語学力に課題を感じるコトの多い2日間でしたが、新しい収穫もありました。




アスレティックトレーナーの役割の一つでもある、測定と評価。




この分野のデジタル化がかなり進んでいるというコト。




測定中の関節角度。




バランスチェックの重心の移動量。




垂直跳びの数値の割り出し。




ウェイトの挙上速度の数値化。




などなど…




多くの測定項目がiPadのアプリで簡単に数値化ができるとのコト。





GPSもそうですが…




この分野の数値化は、今後も幅が広がり、更に精度の高いモノが、現れるのではないかと考えると…




今後、トレーナーとして大切になって来るのが、この様なデジタル化に柔軟に対応する姿勢とともに、数値には現れない本質をみる眼が要求されるのではないか…




そんなコトを考えるきっかけになった、講習会でした。




修了書も、無事に頂くコトができました。







来週は、Frankfurt(フランクフルト)でスポーツマッサージのWeiterbidungを受講する予定です。



それでは。



Yuki