みんさんいつもブログを閲覧して頂きありがとうございます。




海外に住んでいると車や電化製品を始めとした、たくさんのメイドインジャパンを目にするコトができます。






ここ数年でしょうか、海外のトレーニング現場でも日本発祥のトレーニングの名前をよく耳にします。




以前から…




『カアツ』(加圧トレーニングのコト)




は耳にしていましたが…




今回紹介したいのはこちら





タバタ 』(タバタ式トレーニングのコト)





コロナ禍の小グループトレーニングの際に、体力強化について同僚のアスレティックトレーナーと話をしていると、頻繁に”タバタ ”という単語が飛び交っているコトに気がつきました。





最近、海外のトレーニング現場でよく耳にする言葉です。





それでは、早速タバタ式トレーニングを解説したいと思います。



タバタ式トレーニングを理解する為には、まずはHIITを理解するコト。
 

 

HIITとは、High-Intensity Interval Trainingの略称。



High-Intensity高強)
Interval (間歇的)
Training(トレーニング)




の頭文字を取った略称。



1996年に立命館大学の田畑泉先生によって作られたトレーニングメソッド。



高強度の運動を短い休憩を挟んで繰り替えすトレーニングです。



学生時代に運動部でインターバルトレーニンングの走り込みを経験したことのある方は、イメージできるのではないでしょうか?



キツイですよね。笑


HIITの方法や効果は?
 
 
 

HIITの方法は、Power Maxという専門のトレーニング器具を使い、以下の条件のトレーニングを行います。

 

 

20秒間の高強度運動+10秒間レスト、を8セット
 




トレーニング頻度や期間は、1日1回 /  1週間で5日の条件で実施。



田畑先生の研究によると、6週間継続したところ…



全身持久力が13.2%向上、筋持久力が28%向上したとされています。




驚異的な伸び具合ですね…




この分間という短時間で、この劇的なトレーニング効果を得られるという利点が…

 

HIITが『究極の有酸素トレーニングであり、同時に究極の無酸素トレーニング』と呼ばれる由縁になっており、後に紹介する、タバタトレーニングがここまで世界的に広まるキッカケにもなっていいます。



まずは、HIITについて理解できましたか?





それでは、本題のタバタ式トレーニング



じゃあ、タバタ式トレーニングって何?
 

 

 

HIITは、本来Power Maxという競輪選手用に開発されたトレーニング器具を使う方法ですが、トレーニング内容を筋トレやランメニューに置き換えるトレーナーが出現。



✅昨今、海外のダイエット雑誌に取り上げられて、脂肪燃焼を目的としたトレーニングメソッドとしてアレンジが加えられ、ブームとなっています。





この応用されたトレーニングを海外では、みんな『タバタ 』と呼んでいます。




実際、どの様に活用されているのか。
 

 

HIITは簡単で幅広いアレンジが可能。



以下の条件を守るだけ。

 


20秒間の高強度運動+10秒間レスト、を8セット行う。
 



トレーニング頻度は、HIIT同様で1日1回 / 1週間で5日。



トレーニング種目を腹筋にも、背筋にもしても良いし、バービー運動に置き換えるコトも可能。トレーニングの目的によって、種目は選択できます。


以下の動画の様にアレンジされているコトが多い様です。

 




私のチームではランメニューにタバタ式トレーニングを取り入れています。



マンテスターシティーも、タバタ式トレーニングの強度設定を参考にしています。興味のある方は、以下のURLからどうぞ。



【必見‼︎】⏩⏩Manchester CityもHIITをサッカーに応用しています。




まとめ
 

以上、今回は最近海外で流行っている”タバタ 式トレーニング”でした。



実際、コロナ禍の約1ヶ月の小グループトレーニングで取り入れたところ、試合が再開した時には、かなり効果を実感するコトができました。

 


海外
でのトレーニング中で、『タバタ 』『タバタ 』と日本の単語が飛び交っていると、日本人としてはなんだかホッコリした気持ちになりますよね。




取り組んでいる選手は、メチャクチャキツイですけどね。笑

 

それでは。