みなさんいつもブログを閲覧して頂きありがとうございます。



ビザ問題は日本人が海外に住んでいて、必ず直面する問題。



本日、ドイツに来てから2回目の就労ビザ(滞在許可と就労許可)の延長をする為に外国人局にいきました。



今回はコロナの影響もあり、事前に必用書類を担当者にメールで提出。外国人局では、最低限の手続きで済みました。



コロナの前だと、窓口での手続きは、訪れる度に担当者が変わり…
ビザ申請に必要な基準が変わってしまうのでここがストレス…



私も最初の就労ビザを貰うまでに約9ヶ月間もかかりました。




そういった意味では、今回の手続きはとても快適。




それでは…




今回、外国人局から求められた書類を説明していきます。

– Ausgefüllter und Unterschriebener Antrag auf Erteilung einer Aufenthaltserlaubnis
 
 
滞在許可申請書
 
 
担当者からメールで送られて来た書類を記入するだけ。主に、住所や性別、生年月日、過去に犯罪歴があるかどうかなどの、項目を埋めるだけです。





– Arbeitsvertrag
 
 
雇用契約書


職場と結んだ契約を持参しましょう。 




– vom Arbeitgeber ausgefüllte Stellenbeschreibung
 
職務内容説明書
 
雇用形態を雇用主が記載する書類のコト。
意外に記載内容が細かいので、雇用主にちゃんと書いてもらえているか確認しましょう。
内容次第では、再提出を求められるコトもあるので注意。





– Lohnabrechnungen der letzten drei Monate
 
過去3ヶ月分の給与明細
 
毎月の給与明細は必ず保管しておきましょう。給与明細に記述してある給料と実際に銀行口座に振り込こまれた給料が一致しているかを確認されます。この点も一致していないと、ビザが降りない可能性があるので要注意。





– Mietvertrag
 
 
賃貸契約書


部屋を契約した際に、家主と結んだ賃貸契約書を持参しましょう。




– Krankenversicherungsnachweis


 

健康保険証
 
雇用期間を満たした健康保険証が必要です。





– Rentenversicherungsverlauf
 
 
年金支払い証明書
 
 

現在のコロナ禍では、オンラインでの請求が可能。Deutsche Rentenversicherung のホームページで申し込み後に、自宅に郵送されます。

ホームページは以下のURLからどうぞ。

https://www.deutsche-rentenversicherung.de/DRV/DE/Home/home_node.html;jsessionid=1E7D72307AB855E45188E9960D2D7F99.delivery2-2-replication





-Vollständigen Kontoauszug des letzten Monates
 

 

過去1ヶ月分の口座明細
 
 

普段利用している銀行で取得することが可能。給与明細に記述してある給料の額と実際に銀行口座に振り込こまれた額が一致しているかを確認されます。同時に、どの様に生活しているのかを確認されます。






以上、私がドイツに来て2回目の就労ビザ更新の為に必要だった書類をまとめました。




申請当日は、パスポートと申請料€93、証明写真を持参。




10分程度で手続きが完了。




おそらく、この記事を読まれている方の中には、ビザ問題が上手くいくか不安な方もいると思います。


そんな方に、この記事を役立てて頂ければ幸いです。



それでは。



Yuki