みなさんいつもブログを閲覧して頂きありがとうございます。




海外に住んでいると狐につままれる瞬間がよくあります。




今回は私の職場でQuarkクワーク)にまつわる驚いたコトとドイツ人が普段クワークをどの様に食べているのかを書きたいと思います。


Quark(クワーク)とは?
 
 
 
クワークはドイツ発祥のフレッシュチーズ
 
 
 
日本人は馴染みのない食品ですが…
 
 
実際に食べてみた感想としては

『ヨーグルトとチーズの中間の様な食品』
 


ドイツではどこのスーパーでも買えます。

 
 
デザートとして
 
 
デザートとして食べるのも定番
 
ホテルのデザートでブルーベリや苺の味付けがされたクワークを見かけるコトがよくあります。フルーツも一緒に置いてあって、一緒に食べるのがデザートとして定番。

味はヨーグルトよりクリーミー。



ヨーグルトのカサ増しとしても食べている選手もいます。中には、ケーキを焼く際に使用する選手もいました。

 
 
じゃがいものお供に
 
 


✅レストランなどでジャーマンポテトの付け合わせとして添えられているコトもよくある。
 
 
意外な使用方法
 
 
✅ケガの応急処置として使われる。
 
 

日本でいうと”風邪ひいたら、首にネギ巻いとけ″みたいなもんでしょう。


まだ現在のチームで働き始めて間もない頃にある選手が…


『昨日、足首軽くひねっちゃた。取り敢えず、クアーク塗っといたらなんとかなったわ。』


『腫れは治ってるけど、今日の練習、足首まだ怖いから、テーピング巻いてくれるかしら。』


と私のところに来たコトがありました。



ドイツで急性外傷に対してクワークを使用するのは伝統医療として知られているようで…
各国のおもしろ伝統医療で話が盛り上がったコトがありました。

以上今回はドイツの乳製品Quarkクワーク)についてでした。



それでは。


Yuki