みなさん
いつもブログを閲覧して頂き
ありがとうございます。









プレシーズンも終盤に差しかかると
見えてくるコトがあります。








成長をみせた選手。







チャンスを掴んだ選手。







その逆も然り…






変わらなかった選手。






ひきずり下ろされた選手。










今回は…




今回のプレシーズンで
成長をみせた選手の共通点について
考えて見るコトにしました。



共通点①:若手選手

私たちのチームには
10代の若手選手が
たくさん所属しています。

この選手達は
間違いなく100%どこかしら
成長しています。

10代の選手や20歳前後の選手にとって
毎日のトレーニングが
経験のある年上の選手達との競争…

 

無意識のうちに
どの様に生き残っていくのかを
模索し続けている結果でしょう。

 

”若さは武器”だと思います。

 

共通点②:ケガをしていない選手

当然シーズンインしてしまうと
週末の試合にコンディショニングの照準を定め
ケガのリスクも
考慮してしなければならないので…

強度の高いトレーニングで
体づくりをするタイミング
がありません。

 

毎年
プレシーズンでケガをしてしまい
大切な強化の時期に
身体を追い込めない選手達がいます。

 

その様な選手達は
スタートに出遅れるだけでなく
シーズン中盤からコンディションを維持するのが
難しくなってくる印象です。

 

ケガをしないというコトは
成長しチャンスを掴む選手の
共通事項だと言えます。


共通点③:問題意識を持ってコツコツ頑張っている選手

先ほど
”若さは武器”
だと書きました。

若い選手は
感覚で成長できるのが強みですが…

中堅に差し掛かる選手は
そうもいきません…

この年代で伸びている選手を観察していると…

プレシーズンに限らず
普段から問題意識を持って
コツコツ努力している選手
が共通事項です。



共通点④:冬のオフ期間に個人的な体力強化をした選手


ヨーロッパ系の人たちは
日本人よりも
オンとオフの切り替えが
ハッキリしています。

ウィンターブレイクは
クリスマスや年越しもあり

意識の低い選手だと
体脂肪を蓄えて
体が重くなっています。

そんな中
身体を絞って
調整してくる選手もいます。

身体を休めるコトも大切ですが…

この様に
普通の人が努力しない期間に
あえてアクセルを踏める選手は
共通してチャンスを貰えている様です。

今回は
プレシーズン中に
成長した・チャンスに巡り合えた選手の
共通点について書いてみました。

 

もう数週間もすれば…





更に見えてくるコトがあるでしょう。







チームを去らなければならない選手。






来年も継続してチームに生き残れた選手。






来季はステップアップする選手。

 

 

 

自己成長に活かしたいと思います。



フライブルクSCからも
次のステップが決まった選手が
出てきました。



私たちにとっては
痛いコトですが…



次の新天地での
活躍を期待します。



 




それでは。




Yuki

○Twitter
https://mobile.twitter.com/YShigemu

○note
https://note.com/yuki0913