みんさん
いつもブログを閲覧して頂き
ありがとうございます。



以前のブログで…





私が受傷機転を分析する3つの視点のうち



✅身体的要因


✅環境的要因



からの分析をまとめました。




まだ読まれていない方は
以下からどうぞ。










今回は残りの1つの視点。




”技術的要因”からの分析




についてまとめます。





✅技術的要因からの分析



現代のサッカーは
戦術が進化して
スピード感も上がり
コンパクトになっています。




同時に
選手個人が求められる
技術も上がっている印象です。






昨シーズン
試合中に起きたケガを
振り返ると…





その殆どに…




技術ミスが関係している
コトが分かりました。




例えば…





仲間のパスが
ボール1個分ヅレて…
膝を捻ってしまった。




トラップの際に
相手が後方から来ているのを認知できず…
不用意なコンタクトを
受けてケガをした。


などなど。




戦術が進化している現在





”安定した高い技術=傷害予防”





という構図も
成り立っていると
考えています。





これらの3つの視点から





なぜケガが発生してしまったのか
を分析し…




傷害予防プログラムを
定期的にアップデートさせる。



この作業の積み重ねが
傷害予防には
大切だと考えています。


Yuki

○Twitter
https://mobile.twitter.com/YShigemu

○note
https://note.com/yuki0913