みなさん
いつもブログを閲覧して頂き
ありがとうございます。



今回から
複数回に渡って…



私が行っていた
語学学習方法について
発信したいと思います。





以前
noteとブログで
語学について
まとめたコトがあります。





こちらも合わせて
読んで頂ければ幸いです。





https://note.com/yuki0913/n/n5c5ca4a122d6



それでは
今回のお題に入ります。





日本の書店には
音源付きの優秀な外国語教材が
たくさん並んでいます。





基礎文法習得後は
それらのテキストを利用して
耳と口を徹底して
鍛えていました。






”机の上で勉強をする。”





ではなく…





私の感覚としては…




感覚を磨く。




が近いです。





”語学学習はスポーツに似ている。”
と言われますが…



その通りだと思います。





”鉄棒の逆上がり””自転車”
習得した時の
感覚に似ています。






私の場合は…



”コミュニケーション”
を目的とした学習方法なので…
机の上での勉強は最低限。




以下の2つのコトに
重きを置きながら
語学学習に取り組んでいました。
(文法習得や単語学習を疎かにして、良いという意味ではありません…)





まず、重きをおいた2つとは…





✅①:ドイツ語を音として拾える量を増やすコト。

✅②:ドイツ語を音として伝えられる量を増やすコト。





その為に…




以下に紹介する3つの勉強方法を軸に
外国語学習に取り組んでいました。



✅①:ディクテーション

✅②:オーバーラッピング

✅③:シャドーイング





この学習方法は
ドイツ語だけではなく…



英語・スペイン語・フランス語…




すべての言語に応用可能なので…



参考にして頂ければ幸いです。





次回は
ディクテーションの方法
について紹介します。





Yuki

○Twitter
https://mobile.twitter.com/YShigemu

○note
https://note.com/yuki0913

1件のコメント

  1. ピンバック: Vol.24 外国語に必要な耳を作る。ディクテーションについて。 – Life in Germany

コメントは受け付けていません。