【ドイツ食事情】ヴィーガンのタンパク質摂取方法

 




みなさんいつもブログを閲覧して頂きありがとうございます。




前回の記事では、”ベジタリアン”と”ヴィーガン”について触れました。




【関連記事】:【ドイツ食事情】ベジタリアンの選手/ヴィーガンの選手




今回はその続き。


アスリートにとって身体づくりに必要なタンパク質はとても大切。





食事だけではタンパク質の必要量を摂取できない為、プロテインを飲んで補っている選手もたくさんいます。




タンパク質は、肉や魚、乳製品に多く含まれているのですが…



ここで1つ疑問。



ベジタリアン”や”ヴィーガ”の選手達はどの様にタンパク質を摂取しているのでしょうか?



遠征先での特に、魚や卵さえも口にしない”ヴィーガン”の選手達の食事を観察したコトを含めてまとめたいと思います。






豆類


試合の前泊のホテルは基本的にブッフェ形式で、毎回、必ずサラダがついてきます。

 

もちろん、タンパク質豊富な豆類もあります。


ヴィーガン
の選手達は他の選手達よりも意識的に大豆食品を食べている様です。


ドイツでは、大豆から作られる豆腐もヴィーガンから人気でどこのスーパーにも普通に売っています。

 

カボチャの種・ヒマワリの種


意外かもしれませんが、カボチャの種やヒマワリの種にもタンパク質が含まれています。


ヴィーガンの選手達に配慮しているホテルでは、ビュッフェで豆類だけでなく、カボチャの種やヒマワリの種も置いてあります。


ヴィーガンの選手達はそれらを自分の部屋にち帰り、間食として意識的に食べています。


ナッツ・アーモンド・チアシアード

 
 

 

ナッツやアーモンドやチアシアードにもタンパク質は含まれている。

 

場合によっては試合会場まで10時間もバス移動をする事があり、ヴィーガンの選手達は個人で間食を準備しています。


その際によく見かけるのが、ナッツやアーモンドやチアシードをシリアルに入れて食べている姿。



チアシードは朝食としてよく食べいます。


まとめ



アスリートは、競技にもよりますが体重(1Kg)あたり2g のタンパク質が必要だと言われています。


鶏肉200gに含まれるタンパク質は27g…


なかなか、魚や肉だけで必要なタンパク質量を確保するするのは難しい。


ヴィーガンタインパク質の摂取方法を参考にしてみてはいかがでしょうか?


それでは。


Yuki

2件のコメント

  1. ピンバック: Vol.12 【ドイツの食事情】 ベジタリアン / ヴィーガン – Life in Germany

  2. ピンバック: Vol.153 アスリートのラマダン事情 – Life in Germany

コメントは受け付けていません。