みなさん
いつもブログを閲覧して頂き
ありがとうございます。




ここ数年ドイツで流行っているトレーニングメソッドがあります。





最近では、日本でもその名前を聞くコトがよくあり…





私もウォーミングアップやリハビリ、個人技術トレーニングで活用しています。





今回はトレーニング内容にマンネリ化を感じている方や、何か新しいメソッドを取り入れたいと考えている方に向けての記事。






それでは、”ライフキネティック”を紹介します。

ドイツ発祥のライフキネティックとは?
 
 
 

 
Bewegung(運動)
+
Wahrnehmung(知覚/感知)
+
Kognition(認知)
=
Mehr Leistung(パフォーマンスアップ)

ドイツのライフキネティック協会のホームページでは、この様に定義されているようです。

ちょっと難しいので…

簡単に説明をすると…

✅誰でもできる簡単な動きを通じて、脳の機能を高めるトレーニングメソッド。

ライフィネティックには年齢制限がありません。

孫とおじいちゃん、おばあちゃんが一緒に楽しめるトレーニング内容であるとも謳われています。

✅育成年代のトレーニングにオススメ。
通常ではあまりしない簡単な動作を組み合わせながら取り入れるので、楽しみながら身体を動かすコトが大切な子供のトレーニングとしてもオススメ。集中力も上がります。

✅高齢者の頭の体操にもオススメ。
認知能力にアプローチするので介護の現場でも取り入れられていると聞きました。

 
 
 
 
あくまでも、目的は脳を鍛えるコト。
 
 
 
 
 
ライフキネティクの本質は”脳を鍛える”コト。
 
 
 
ちょっと専門的に解説すると…
 
 
 
 
 
✅外部刺激(視覚や聴覚からの情報)を利用し、脳を刺激して脳細胞間のニューロンの結合を強化。”脳内処理のキャパシティ””脳内の情報処理スピード”を活性化させ、その情報をいち早く体の動きに連動させるコトが目的。
 
 



私も個別トレーニングでは、脳内の情報処理のキャパシティ脳内の情報処理スピード



この2点を意識してパフォーマンス改善に努めています。




個別トレーニングで取り入れるのはかなりオススメ。



今はキャパシティを広げるべきなのか、処理スピードを上げるべきなのか…
選手個人の頭の中を覗きながら実施できるので、効率的なトレーニングができます。



私たちのチームでも取り入れています。
 
 
私たちのチームにもライフキネティックの専門家がいます。ライフキネティックを使って定期的に脳を活性化させています。
 
 
 
 
私のトレーニングに対する価値観と似た様なところがあり、そのコーチとは積極的に情報交換して、楽しみながらお互いのプログラムの質を向上しています。

 
 
✅頻度は3日/週”。
 

とはいうものの




私のウォーミングアップでもライフキネティックの要素を取り入れているので、ほぼ毎回のトレーニングで実施しているコトになっています。

✅Jリーグのチームでもライフキネティックを取り入れているチームがある様です。
 
 
 
 
まとめ


今回は、ドイツで人気のトレーニング”ライフキネティック”についての紹介でした。


ライフキネティックはアスレティックとコンパクトサッカーが融合する現代サッカーにおいて効率的なパフォーマンス向上の本質を捉えており、特に外国人選手に体格が劣る日本人選手が世界と戦う為にはとても大切な要素だと考えています。


コロナが落ちついたら講習を受けに行こうかと考えています。


それでは。

Yuki